まもなく上演の公演
夏・南方のローマンス
リストの画像第196回例会 2021年7月21日(水)18時30分開演/22日(木)13時00分開演
会場:町田市民ホール
劇団民藝
作:木下順二  演出:丹野郁弓
出演:桜井明美、中地美佐子、伊藤孝雄、齊藤尊史 他
敗戦後、ある上等兵が絞首刑を宣告された。なぜ彼は絞首刑で他の戦友たちは助かったのか。やがて明らかにされる南方でのBC級戦犯裁判。「悪い夢だった」とつぶやく戦友たち。「もう何もかも忘れたい」という上等兵の妻。庶民目線で戦争責任、人々の愛や苦悩を描く。
花火鳴らそか ひらひら振ろか
リストの画像第197回例会 2021年9月1日(水)18時30分開演/2日(木)13時00分開演
会場:町田市民ホール
劇団銅鑼
原案:小川未玲
台本・演出:松本祐子
出演:佐藤文雄、長谷川由里、館野元彦、竹内奈緒子 他
お盆に花火や爆竹を打ち鳴らし、賑やかに冥土からご先祖様を迎え入れ送る長崎の風習をヒントに描いている。
とあるお盆の不思議な時間の中、ゆっくりと人間の関係を修復していく、ちょっと切なくて心温まる三日間の物語。
作品のテーマは、生かされていることのありがたさや、人と伝達し合うことの喜びです。
マクベス
リストの画像第198回例会 2021年12月8日(水)18時30分開演/9日(木)13時00分開演
会場:川崎市多摩市民館
劇団東演
原作:w.シェークスピア
翻案・演出・美術・衣裳:V.ベリャコーヴィッチ
出演:豊泉由樹緒、能登剛、南保大樹 他
反乱軍との戦いに勝利したマクベスは、ともに戦ったバンクォーと共に、意気高く国王ダンカンの下に馳せ参じる途中、三人の魔女たちに出会う。
魔女たちは、マクベスはやがて国王になると予言。思いもよらない予言にマクベスは動揺するが…
芸人と兵隊
リストの画像第199回例会 2022年2月20日(日)15時00分開演予定/21日(月)13時00分開演予定
会場:やまと芸術文化ホール
トム・プロジェクト
作 :古川健
演出:日澤雄介
出演:柴田理恵、村井國夫、カゴシマジロウ 他
日中戦争が泥沼化する昭和16年春、あるベテラン夫婦漫才師が中国大陸へ慰問の旅に出る。芸人仲間や、笑いに飢えた前線の将兵との触れ合いは厳しさの中にも張り合いがあり、夫婦は芸人としての喜びを再認識する。旅も終わりに近づいたある日、慰問団は遂に戦闘に巻き込まれる。
炎の人
リストの画像第200回例会 2022年4月4日(月)18時30分開演/5日(火)13時00分開演
会場:川崎市多摩市民館
劇団文化座
作:三好十郎 演出:鵜山 仁
出演:藤原章寛、青木和宣、津田二朗 他
文化座の描くゴッホは、あくまでも若く未熟で孤独です。しかし、兄の才能と貧しい生活を支えた実弟テオドールや、親友でライバルでもあったゴーガンなど多くの人々が彼の人生に関わっています。無名の芸術家の無垢な魂と、彼を支えた人々を丁寧に描き出した三好十郎の名作です。
リストの画像第201回例会 2022年5月25日(水)18時30分開演/26日(木)13時00分開演
会場:川崎市麻生市民館
俳優座劇場
作 :ロベール・トマ 演出:松本祐子
出演:石母田史朗、加藤忍、原康義、清水明彦 他
ダニエルの新妻エリザベートが、新婚旅行中の山荘から失踪する。警察の捜査でも手掛かりのない中、隣村の神父がエリザベートを連れて帰ってくる。だが、その女は会ったこともない見知らぬ女だった。誰が真実を語っているのか!誰が仕掛けた「罠」なのか?